脱毛の知識

女性ホルモン・男性ホルモンとムダ毛の関係について

男性でも女性ホルモンがありますし、女性にも男性ホルモンがあります。男性ホルモンは毛を硬毛化させる働きがあり、女性ホルモンよりも優位になるとわき毛や陰毛が硬くなります。


逆に、女性ホルモンが優位な場合には、わき毛や陰毛は硬毛にはなりにくいです。剛毛の人の脱毛は、普通の毛質の人に比べると処理に時間がかかります。



これは光脱毛でもレーザー脱毛でも同じことで、毛の細胞が頑丈なので、なかなか処理できない可能性があります。ということは、女性ホルモンが優位な状態にしてあげれば、脱毛の効果は高くなるということです。


特に性ホルモンの影響を受けるわき毛や陰毛に関しては、女性ホルモンが優位な人ほど処理しやすいです。男性ホルモンを優位にさせてしまう原因は、食生活の乱れやストレスです。


糖質や脂質の多いものばかり食べて、大豆製品などの植物性たんぱく質が少ない生活を続けていると男性ホルモンが多く分泌されてしまう可能性が高くなります。これを防ぐには、女性ホルモンに似た働きをしてくれる大豆イソフラボンを多く含む豆腐や納豆を積極的に摂取するようにしたほうが良いです。


ちなみに、サロンや医療機関で脱毛を受けると体毛が濃くなる、男性ホルモンが優位になるという噂がありますが、これは事実ではありません。


髪の毛に関する病気でAGA(男性型脱毛症)というものがあります。これは強い作用を持つ男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が作用することで、頭頂部や前頭部を中心に禿げてしまう症状ですが、これの話と混ざって「男性ホルモンが増えると毛がなくなる」「脱毛することで女性ホルモンのバランスが崩れる」といった考えとごちゃ混ぜになってしまっている理屈のようです。


実際、エステサロンでも脱毛によってホルモンバランスが崩れる心配はないとしています。ただ、女性ホルモンが毛の処理の効率を上げることは一理あるので、なるべく女性ホルモン優位になる生活を心がけましょう。