脱毛の知識

除毛クリームでムダ毛処理?使い方は?

脇の下やヒザ下、腕などの無駄毛処理は女性にとっての身だしなみの一つなので、いつもキレイな状態を保つために安全カミソリ(シェーバー)などで頻繁に処理しているという方も多いでしょう。


しかし、カミソリでの無駄毛処理は、肌の表面を傷つけやすく、伸びてくるとチクチクして痛いので、他の方法をお探しの方も多いのではないでしょうか。こうした方には除毛クリームでの無駄毛処理が有効な方法です。



除毛クリームとは、端的にいえば無駄毛処理ができるボディークリームです。これを肌に塗って5から10分程度放置し、その後濡れタオルなどで拭き取ったり、洗い流したりすることで誰でも手軽に処理できるので、近年無駄毛に悩む女性の方を中心に人気が高まっています。


除毛クリームには人毛のケラチン(たんぱく質の一種)を溶かす除毛成分によって無駄毛を溶かすこと無駄毛処理をします。無駄毛を溶かした断面は、カミソリで剃ったときのように尖っていないので、伸びてきてもチクチクすることはありません。


除毛クリームでは無駄毛を完全に生えなくすることはできませんが、毛穴から浸透した除毛成分が毛穴の中に隠れている無駄毛まで溶かしてくれるので、肌の表面から出た部分のみを剃るだけのシェーバーよりも深く除毛できるのが魅力です。


つまり、無駄毛処理が必要になるまでのスパンを長くできるので、無駄毛の伸びるのが早くてお悩みの方にぴったりの方法といえるのです。ただし、除毛クリームの除毛成分は皮膚の表皮や角質の一部を溶かし、一時的に皮膚のバリア機能を低下させます。


皮膚のバリア機能が低下すると皮膚が乾燥しやすくなったり、皮膚トラブルが起こりやすくなるので、除毛クリームの使用後はできるだけ肌に優しい化粧水や保湿クリームなどを使ってしっかりと肌を保湿・保水することが大切です。


また、敏感肌やアトピーで肌が刺激に敏感になっているときには除毛クリームの使用によって皮膚トラブルに発展するリスクが高いので、使用はやめておいたほうが無難です。同様に顔やデリケートゾーンの無駄毛処理には不向きなので、他の方法を検討しましょう。