脱毛の知識

脱毛サロンでの脱毛契約の解約お役立ち情報

脱毛サロンの利用者が増えています。ただ、その契約をめぐっては、ときおりトラブルが発生していることもあります。


勧誘されてエステの全身コースを契約したものの、あまりに高額なことに気付いたとか、納得の上で申し込みはしたものの、突然に海外勤務を命じられたとか、いろんな理由で解約したいという場合があります。



そんなときは、脱毛サロンでの契約のときに交わした契約書と利用規約を確認するのが、まず最初にすべきことです。まずは、クーリングオフという言葉に注目です。


クーリングオフとは、契約した後で、頭を冷やして冷静に考え直す時間を消費者に与え、一定期間内であれば無条件で契約を解除することができる制度のことです。


契約日から8日以内がクーリングオフ可能な期間です。脱毛サロンは、特定商取引法でもって、特定継続的役務の指定を受けています。


特定継続的役務とは、簡単に言いますと、長い間、続けてサービスの提供を行って、それに料金が発生するという販売形態のことを意味します。


さて、特定継続的役務の指定を受けていると、クーリングオフの適用対象外となるケースがあるのです。法律の上では、期間が1ヶ月以内、金額が5万円以下のサービスの場合は、クーリングオフの対象にはならないのです。


もし、5万円の脱毛コースを申し込んだ場合は、クーリングオフを希望しても認められないのです。とはいえ、現実には、多くの脱毛サロンでは、5万円以下のコースでもクーリングオフを適用しているところが多いです。これは、そのお店の方針で決まってくるものです。


そして、クーリングオフの期間を過ぎて解約をする場合は、中途解約の扱いとなります。


中途解約の条件も基本的には、クーリングオフと同じです。期間が1ヶ月、金額が5万円を超えるものが中途解約の対象となります。これも、実際には、少額コースから対応しているお店が多いです。


ただし、中途解約にあたっては、違約金を支払わなければなりません。中には、違約金をとらない脱毛サロン店もありますが、かなり少数派です。いずれにしても、まずは、契約書もしくは利用規約の確認が大事です。