脱毛の知識

脱毛をしている時のカミソリ・シェーバー・毛抜き使用の注意点

脱毛をしている間に自己処理をするのは、どのエステティシャンもすすめていません。カミソリで自己処理をすると、どうしても肌を痛めてしまいます。


肌が傷つくと、肌を守ろうとすることで毛が増えたり濃くなったりしてしまいます。



カミソリでできた傷は、シミになる原因となってしまます。傷やシミができてしまうとサロンでの脱毛処理の際に、その部分の処理ができなくなるという可能性もあります。


また、サロンの利用してから、次の利用までの間でどのくらいの毛が生えたのかというのを確認したいという意味もあります。

どうしても自己処理をしたいのであれば、顔剃り用の電気シェーバーで優しく剃るといいです。カミソリよりもどうしても剃りは甘くなってしまいますが、脱毛を受けていれば生えてくる毛はそれほど多くないので、まめに剃らなければならないというような手間はないはずです。


シェーバーでは、フェリエがおすすめです。皮膚への負担が最小限でソフトな感覚なので、怪我をする心配がありません。加えて、密着して剃るために剃り残しがありません。


サロンに通っている間は、肌が荒れやすくなっているので、入浴後にボディークリームを使うなど、しっかり保湿を行うといいでしょう。保湿ケアは、敏感肌用のローションや乳液等を使用してください。保湿ケアがしっかりしていれば、皮膚が柔らかくなることで、埋もれていた毛が出やすくなり、脱毛効果が向上するというメリットもあります。


ただ、脱毛した日は肌トラブルにつながりかねないので、保湿クリーム等の使用は控えてください。


注意しないといけないのは、毛抜きで毛を抜いてはいけないという点です。サロンの施術ではレーザーやフラッシュによって光を当てて処理する対象を探しますが、毛を抜いてしまうとそれが見つからず、毛が再び成長期になるまで脱毛を行うことができません。同様に、ワックスシート、除毛クリームを使用した場合、脱毛のやり直しになってしまいます。